ios アプリを AdHoc で公開する

1.AppleDevelopper のアカウントを作成する

AppleDeveloper にアクセスする
Account > 今すぐ作成
必要な情報を入力して進む

2.証明書要求を作成する

キーチェーンアクセス を開く
メニューバー > キーチェーンアクセス > 証明書アシスタント > 認証局に証明書を要求…
ユーザのメールアドレス : AppleDeveloper のアカウントのメールアドレス
通称 : 任意
CAのメールアドレス : 空欄
要求の処理 : ディスクに保存
鍵ペア情報を指定 : on
「続ける」
保存先 : 任意
鍵のサイズ : 2048ビット
アルゴリズム : RSA
「保存」

3.証明書を作成する

AppleDeveloper にアクセスする
Certificates, Identifiers & Profiles > Certificates
「+」
type : iOS Developer
「Continue」
証明書要求ファイルをアップロードする
「Continue」
「Download」
iOS Distribution も同様(証明書要求ファイルは同じものでいい)

4.証明書をインストールする

Finder を開く
証明書ファイルをダウンロードしたディレクトリ
iOS Developer の証明書ファイルを開く
iOS Developer の証明書がキーチェーンアクセスに追加される
キーチェーンアクセスを開く
キーチェーン : ログイン
iOS Developer の証明書をシステムへ移動する
iOS Distribution も同様

5.秘密鍵を作成する

キーチェーンアクセス を開く
キーチェーン : ログイン
分類 : 証明書
iOS Developer の証明書ファイルを右クリック
「書き出す」
フォーマット : p12
「保存」

6.AppIDを作成する

AppleDeveloper にアクセスする
Certificates, Identifiers & Profiles > Identifiers
「+」
type : App IDs
「Continue」

7.プロビジョニングプロファイルを作成する

AppleDeveloper にアクセスする
Certificates, Identifiers & Profiles > Profiles
「+」
type : AdHoc
「Continue」

8.プロビジョニングプロファイルをインストールする

Xcode を開く
TARGETS > General > Identity
Bundle Identifier : AppID
TARGETS > General > Signing
Team : 作成された証明書

9.Xcode でAppleDeveloper のアカウントと紐付ける

Xcode を開く
メニューバー > Xcode > 環境設定
アカウント
AppleDeveloper のアカウントでログインする

10.プロジェクトを作成する(若しくは開く)

Xcode を開く
メニューバー > Xcode > 新規

11.アプリのバージョンを設定する

TARGETS
設定箇所が2項目あるが一致してなくても問題はない(一致させた方が管理しやすい)
General > Identity > Version
General > Identity > Build

12.ipaファイルをエクスポートする

メニュー > Product > Archive
Archive Infomation > Export…
公開方法 : AdHoc
App Thinning : None
Additional Options : off
認証 : Automatically manage signing
パス : 任意(プロジェクト名とバージョンを含めると管理しやすい)

13.アプリをリリースする

公開用のwebサイトを用意する
ipaファイル・plistファイルを同じディレクトリに配置する
webページにplistファイルを開くリンクを設ける(これをiosのブラウザでクリックするとアプリのインストールが実行される)
※plistファイルを編集することでipaファイルのパスを任意に指定すること等も可能