データベースデザインレポート(DDR)のエラーの対処

・データベースデザインレポート(DDR)の出力がエラーを起こすとき

 大抵の場合、ファイルが開けないことによるもの。DDR出力時に、外部データソースから連鎖的にファイルを参照するため、予想外のファイルを参照してしまう。
■対処法

  • DDR出力時のダイアログで、出力の必要がないファイルのチェックを外す
  • 必要なネットワークに接続する(データソースがVPN内にある場合など)
  • リンク先が失われた外部データソース設定は削除しておく

 まれに、ファイルに不正な制御文字が混ざっていてエラーが起こることがある。もし、出力ダイアログでレイアウトのチェックを外してみると出力できる場合は、レイアウトに問題がある。DDRをXML形式で出力し、テキストエディターで、エラーメッセージに表示された文字コードを検索して問題点を探し出す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × four =